FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにわのおばちゃんの小商売 

ツエ村から 「なにわのおばちゃんの小商売」 上田 眞奈美

              
友人から「中学校の同級生がドキュメンタリービデオに出てるから観たってや」というメールがきた。東京ビデオフェスティバルに出品されているそうだ。タイトルが『なにわのおっちゃんの小商売』だって。ご夫婦でニュージーランドのクライストチャーチで『大阪屋』ってお好み焼き屋をやっているそうだ。結構繁盛してて、今度スペインにもお店を出すらしい。おいしいのはもちろんなのだろうけど、はじめに券売機で食券を買うとか、メニューの値段はわかりやすいように一律にするとか無駄のない工夫がされている。またそれをお客さんに還元しようという姿勢があり、ビデオを観ててなるほどと思うことも多かった。
何を隠そうこの私、老後たこ焼き屋をやろうと思っている。近所に学校のある商店街で。昼は買い物の主婦、夕方は部活帰りの中、高校生、夜はお勤め帰りの人相手と考えている。老後といってもいつからが老後なのかわからないし、どこでやるとも考えもつかない。なのに、その情景はやたら鮮明で細部まで目に浮かぶ。このバーチャルたこ焼き屋を、ああでもないこうでもないと、コチョコチョいらうのがまた楽しい。やっぱりたこ焼きは発泡スチロールやなくて木の舟に入れんとなあ、でもコストかかるかなあ。お持ち帰り中心でやって、回転が悪くなるからビールは置いたらあかんなあ、でもたこ焼きとビールは餃子とビールみたいな関係やし。せやせや母の知り合いのお好み焼き屋をやっている人が、意外と光熱費がかかるのでボヤいていたなあ。それも夏場のクーラー代なんて大変なものらしい。だから、やっぱりお持ち帰り専門にしようかな。などなど。買ってもない宝くじの使い道に頭を悩ますようなものだが。
私はイベント企画会社のたこ焼き部隊で、住宅展示場や自動車販売店でアルバイトしたことがある。たこ焼き屋は重労働なのはわかってる。となりの焼きそばの屋台の楽そうに見えること。同じ日給1万5千円じゃ納得がいかなかったけど、やっぱりたこ焼きが好きで引き受けていた。でも、老後なのだからプレスするだけのイカ焼きも横で焼いて、少しは楽しよう。
小商売の強味はなんといっても、日銭が稼げること。現金商売ほどありがたいものはないと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tuemura.blog43.fc2.com/tb.php/62-4f0a6394

クライストチャーチについて

クライストチャーチクライストチャーチ (Christchurch) は、ニュージーランド南島 (ニュージーランド)|南島中部、東海岸側のカンタベリー平野にある人口約40万人のニュージーランドで2番目、南島では最大の都市である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666

  • [2007/04/08 10:39]
  • URL |
  • 『旅の友』 ニュージーランド |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。