スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛びつき注意 

昨年11月に、仕事での資格試験に合格したので、気が大きくなって特大ミラーを買った。
90cm×180cmで7980円、ネットで最安値を見つけて、喜んでいたのもつかの間だった。
重くて動かせないのだ。よーく商品説明の欄を見ると重量23・5kgと、小さく記載されているが、
実際はもっとあるんじゃないかと疑っている。
安かったせいか、コマもスタンドもない。早い話大きな額縁だ。部屋の隅っこに置いて、フラメンコの練習の時だけ引っ張り出してきては使う、という目論見は消え去った。一度、なんとか引っ張り出したが、戻すのも大変で懲りた。大きすぎて出しっぱなしにはできないので、テレビの後ろに布を掛けて立てかけてある。
 いつのまにか違和感なくテレビを観ている、自分が恐ろしい。大きな壁紙になってしまったようだ。

特大ミラーがくる前に、団地の駐車場でうちの階下の部屋に住むYさんに出会った。愛想のいい奥さんで、いつぞや私が実家から持ち帰ったジョン・レノンのパネルを三階の部屋まで運んでいると
「わあー、懐かしい。私も若いときビートルズ好きやったわ。ポールのファンやってん」と声をかけられたこともある。お孫さんもいるので、ずっと年配だと思っていたけど、よく考えると私だって孫がいておかしくない年齢だ。そのYさんが
「上田さん、ご挨拶に行こうと思っていたんやけど、ここでお会いしたから、ついでみたいで、なんですが。うち今月いっぱいで引越しするんです。といっても同じ町内なんですけど、息子が家買ったんです」
「へえー、いいですね」
「いえいえ、ローンが大変で。いろいろお世話になりました」
「こちらこそ、お元気で」
そうか、息子さんと同居するんか。時々見かけたけど、やさしそうな息子さんやもんなあ。
と部屋に戻ってぼんやり考えていた。さて、洗濯物でも取り入れようかと、椅子から立ち上がる。
もう、椅子を引く音にも気を遣わなくていいんだ。この公団は、平成三十年に取り壊しが決まっているので、入居者は募集していない。
空室が目立つ。これで隣室と階下が空くことになる。ということは・・・。
 ひらめいた。コンパネだ。ホーム・センターへ行ってコンパネを二枚買おう。
特大ミラーがきて、Yさんが引っ越したら、床にコンパネをひいて、フラメンコの練習をする。
フラメンコ・シューズを履いて練習できるやん。その夜は、興奮して眠れなかった。

 あの時、ホーム・センターに駆け込まなくて、よかった。今、つくづく思う。

今年の標語「飛びつき注意!買うは易し、捨てるは難し」
紙にマジックで書いて貼ろうかと思ったが、やめた。また壁紙が一枚増えるだけのような気がして。

スポンサーサイト

よそ行きのべべ 

                                    
 縁あって、ピンク・リボンの記事を書かせてもらうことになった。
中身はいつもといっしょなのだけど、フォーマル・ウェアーを着た文章だ。悪ノリは編集で削られて、優等生が書いたようで、夫にも気持ち悪がられている。よろしかったら、御笑読ください。

*********************************************

乳がんがくれたもの

私は3年前の9月に、48才で乳がんの手術をしました。ステージはⅡ~Ⅲ期でした。右乳房と右腋窩リンパ腺を全摘出手術しました。地域の健康診断をずっと受けていたのに、42才から5年間受けずにいたら、47才で乳がんが見つかりました。この5年間のブランクは悔やまれてなりません。今も抗ホルモン療法を続けていますが、無事3年目を迎え、元気に過ごさせていただいています。

続きを読む

浮気うどん 

 私の旧い友だちにKというあほ女がいる。先日Kから電話があり、彼氏が浮気してたと半狂乱。なんでもKのパソコンを使って彼氏がメールチェックした後、ログオフをするのを忘れていて、浮気メールがばれた。ネットを使う者の最低限のルールも知らんなんて、あほ女にはあほ男がつくな、そんなあほ男の浮気はすぐにばれるで、と電話でさんざん笑いまくった。 
 Kは男を見る目はないが、うちのカミサンと一緒で食べ物にはうるさい。そいつが○市においしいうどん屋があると言う。名前だけの手打ちでなく、正真正銘の手打ちうどんらしい。一番人気の天ぷらうどんの量は通常の1,5倍はあって食べきるのがたいへんだった、海老もびっくりする大きさだった、と言う。これは行ってみなくては。
 4日後、○市となりのX市に息子のことで用事ができた。カミサンは仕事なので一人で行く。初めての街なので道がわからない。水道局に飛び込んだ。
「Aと言ううどん屋に行きたいんですが」受付の女性が三人がかりであ~だ、こ~だ、言ってくれるが的確な道案内がもらえない。 「△△屋さんがうまいと評判ですよ」横槍まで入ってきた。
昼食閉店時間まで30分を切った。あせっていると、男の局員がプリントを持ってきてくれた。グルメ案内と地図、まっすぐ行って一回右折だと教えてくれる。
ふう、間に合った。メニューに天ぷらうどん(海老一つ入り750円、海老二つ入り1000円)とある。一つ250円の海老か、たしかに大きいだろうな・・・海老天大好きのカミサンの顔がうかんだ。
「一つ入りで」 

待つ間にKにメールした。
 

続きを読む

河内音頭とフラメンコ 

名張駅前の雑貨屋の店先に、ピンクのショート丈の長靴が並んでいた。手にとって見ていると
「それ、可愛いでしょ」と後ろから声が聞こえた。
振りむくと白人の年配の女性が立っている。お店の人みたいだ。
「あのー、これのLありますか」と聞くと
「ないネ。履いてみたら」という。
「いやー、どう見ても小さい」
「名張の人?」と聞くので「いえ、出身は大阪で、名張に住んでいます」
「私、スペインで生まれた。でも、40年前に出て、パリに5年住んで、あちこち行って、名張にずっと住んでいる」
「私、フラメンコ習ってる。スペイン好き」私もつられて、ブツ切りの日本語になる。
「ふーん、 スペインでは、日本人が盆踊り習いに行くようなものネ」
なんだか反応が冷たい。私たちが、外人に「ニホン大好き。すき焼き、スシ、テンプラ」言われているようなものなのか。
それより、盆踊りやて。「エンヤコラセー、ドッコイセ」河内音頭のやぐらが頭の中にそびえ立つ。私は大阪でも、東大阪市の出身で、中河内と呼ばれる地区なのだ。本場なんだ。子どもの頃から、河内音頭は知っているけど、習いたいなんて思ったこともない。別に、河内音頭がきらいというわけじゃないけど、いっしょにされると、ちょっとね・・・。

続きを読む

柿泥棒 

 家の斜面に柿の木が植わっている。私がここへ越してきた1995年に親父が植えてくれた。
桜、エゴノキ、金木犀も植えてくれた。しかし、親父はあくる年にあっけなく亡くなった。
小さかった苗が17年経ったいまではみんな大きく育った。
 桜は天狗巣病にかかったが、村人に教えてもらった手当てが効いて毎年花を楽しませてくれる。エゴノキは初夏にごくごく小さな白い花を咲かせる。土が合ったのか、金木犀は背も高く枝もいっぱいのばし、他所では見かけないほどのこんもり大きな姿になっている。少し前まで狂おしいほどの甘い香りで家をつつんでいた。
 柿の木は10年ほど前、台風の吹き返しの風で一番太い枝が幹から裂けおちた。大きくえぐられた幹のそこだけ白い木肌が痛々しい。もうだめかな、と思った。しかし、柿渋の強い防腐・防水・防虫効果は樹全体が持っているのではないだろうか、一縷の望みをたくした。柿は見事に生き延びて傷を修復し、数年後には初めての実をつけた。 
柿が好物の親父が生きていたら、どんなによろこんだだろう。しかし、私は柿にかぎらず果物にはほとんど手をのばさない。あまり好きではないので自分で皮をむくなんて、めんどくさいが先に立つ。だれかが食べやすく皿にもってくれたら一切れぐらいはいただくけれども。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。